【パクリ?!】ブログ記事のネタ切れ対策【実例で解説】

今回の記事のターゲット層
ネタ切れで記事更新に困っているブロガーさん(しかもPV数も伸び悩んでいる)

ぜんいつ

はい皆さんこんにちは〜ぜんいつ(@zenistu_affi)です!
私は、現在アフィリエイト歴8年です。
同時に本業はサラリーマンです。勤め人歴10年です。
  • ブログって30〜50記事くらい書くとネタ切れを起こしますよね?
  • しかも、書けば書くほどPV数が期待できるネタって思い付かなくなりますよね?

→ 今回は上記の2つのお悩みを解決する手法をご紹介します!

おそらくこの状況にいるブロガーさんは、
真面目にブログと向き合っていて定期的な更新を頑張っている方だと思います。

でも書く記事ネタがもうない・・って焦っているのでは?

無理に記事を書いても空振りが連続する可能性があります。
空振りを連続したら誰だってモチベーションが低下し、
また記事を描こうという気持ちが薄れてしまいます。

今回の手法で10記事くらいはPV数が期待できるネタが浮かぶと思います。

基本的にはどのジャンルにも当てはまるので、ぜひ参考にしてみてください。

結論:ライバルの人気記事ネタをパクりましょう!

あの一時期流行ったコピペ記事とかではありません。

ある日、こんな事を思いました。
記事を書く前からどんなコンテンツならアクセスを集められるかがわかっていれば楽なのになぁと。
むしろ、アクセスが集められるとわかっているなら、ワクワクしてモチベーション高くかけますよね!

それが確実にわかる方法は、

  1. 自分と同じジャンルでライバルのブログを訪問します。
    (※この時、雲の上の存在のようなライバルではなく自分でも手の届きそうなライバルを見つけてください)
  2. PCのブラウザで、そのブログを開きます。
  3. 目線を右側のサイドバナーに移動させます。
  4. サイドバナー内の「人気記事」もしくは「ランキング」を探します。
    (要はそのブログで人気の記事を把握します)
  5. 同時に各人気記事のPV数も確認します。

以上で作業完了です。
そうです。先人のライバルたちが頑張って書いた記事の中でも、どの記事が特にアクセスを集められたか簡単にわかってしまうのです。

記事の内容はパクってはルール違反です。
ターゲットとなるキーワードをパクりましょうと言う話です。

とても効率的な作業です。

あと、ライバルのブログの選定方法で、雲の上の存在ではなく、自分の手の届きそうなライバルを見つけましょうと言った理由は、雲の上の存在だとプロがひしめくメジャーキーワードの場合は多いからです。
まず勝ち目はないでしょう。

ただし、手の届きそうなライバルのキーワードだと今度はニッチなマイナーキーワードの危険性もあります。
そこで人気記事のPV数もチェックしておくことです。
これにより、そのキーワードで月間PV数がどれだけ稼げそうか予想ができます。

この手法の良いところは、

  • キーワード選定時間を短縮できる
  • そのキーワードで検索上位に表示された際に期待できるアクセス数が事前にわかる
  • 記事のネタを1から考える時間も削減できる

です。一石二鳥以上のメリットが期待できます。

自身のブログ人気記事もパクられない防御もしましょう

自分のブログが成長し、月間数万PVになると今度はあなたがライバルたちに同じ手法でキーワードが狙われます。困りますよね?

防御策としては、

  • サイドバナーに「人気記事」一覧を掲載しない
  • 掲載してもPV数は表示させない

がオススメです。

私も運用している他のブログで人気記事のアクセス数が落ちたと思ったら、そのキーワードの検索上位に似たような記事をたくさん出現していた経験があります。

なので最近はPCでサイドバナーすら表示しないことが多いです。
このブログのように1カラムの方が内容にも集中してくれるので良いかなと。

また、記事を書く際に自分の経験談をメインに書いていれば、オリジナルコンテンツなので、記事ネタやキーワードをパクられても検索順位争いで負けにくいとは思います。

ライバルのブログ記事ネタを研究することは大事

ちょっと話は脱線しますが、ライバルのブログ記事を研究することは重要です。

甲子園野球でも他校の試合をビデオをみんなで見ながら研究しますよね?
あれと全く同じです。

特に、調査していると自分が狙っているいくつかのキーワードでいつも常連で検索上位にくるサイトが必ず出てきます。

このサイトからは、たくさんの事が学べると思うので徹底的に調べ、良いところはどんどん吸収しましょう。

まとめ:ネタ切れに困ったら有効な手法

ネタ切れした時に何とか更新しよう無理に考えた記事は、質が低くなりやすく結果PV数も稼げず体力だけ消耗することになります。

記事のネタに困った時は、ぜひこの手法を使ってみてください。
ある程度の効果は見込めると思います。

しかし、googleさんはユニークなオリジナルな価値のあるコンテンツが大好物です。基本的にはあなたが経験したオリジナルな記事を量産するよう心がけてくださいね!

では、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です